なぜ音楽をつくりたいのか

  • ブックマーク
  • Feedly

なぜ音楽をつくりたいのか

誤解を恐れずに言うと、

自分にとってする必要がないことだからだ。

日常はしなければならないことで

埋め尽くされている。

職場には毎日行かなければならないし、

職場では責任を果たさなければならない。

家のローンは払わなければならないし、

ゴミ出しもしなければならない。

これって、

全部しなければならないことで、

したところで、

現状維持がやっとなのだ。

では音楽をつくることはどうだろう。

別に誰に強要されているわけでもないし、

しなかったとしても誰にも何にも言われない。

プロの音楽家が常にいい音楽をつくり続けているに違いないし、

僕が音楽をつくる必要はない。

やらなければならないことは、

常になくならないし、

すぐに日常を埋め尽くす。

僕にとって音楽をつくることは、

残りの人生を楽しむためであり、

できないことを、できるようになりたいのだ。

人生を大きく変化させていくには、

する必要がないことを、

やり続けなければならない。

やったりやらなかったりでは、

なんの変化も起こらないことは、

自分がよーくわかっている。

だから、

やる理由を探してやめてしまうよりは、

よっぽどやり続けた方がいい。

続けながら、理由を探していくのだ。

昨日できなかったことが、

今日できるようになる。

それは本当に素晴らしいことではないのか。

それが幸せというものではないのか。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人