5夜連続ドラマスペシャル白い巨塔

  • ブックマーク
  • Feedly

最終話の感想

岡田くんの財前教授
松山くんの里見先生
とても良かったです。

とくに最終話は二人の友情が丁寧に描かれ、

涙なくして見れませんでした。

財前教授の最後、

岡田くんの演技はまさに狂気。

僕も苦しくてたまりませんでした。

財前教授の無念を思い、しばらく放心状態。

何度も映像化されている名作たるゆえんですね。

命とは、幸せとは、成功とは、友とは、愛とは。

全てが突き刺さりました。

以下は過去記事になります。

2話の感想

5夜連続のドラマスペシャル白い巨塔を楽しんでいます。

唐沢、江口版がとても好きでしたが、

岡田、松山版も若者らしい瑞々しさに溢れていてとても好感をもてます。

財前と里見の生き方や価値観の違いを見ているのが楽しいですね。

いずれにしても、

財前のバイタリティーには敬服します。

最近思うのですが、

何かに挑戦するのって、

思いだけでは難しくて、

力がとてもいるのですよね。

己れの体を鍛えて、

時には力づくでも突き進む体力が必要だなと。

そんなことを感じています。

さて教授となり、

絶頂から転落していく財前が、

人生において何を悟っていくのか、

とても楽しみにしています。

それにしても、

岡田くんの総回診にしびれましたね。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人