本当はどうしたいの?

  • ブックマーク
  • Feedly

早く帰宅した日は、

子ども一緒に寝ることにしている。

眠りにつくまでの間、

子どもとゆっくり話しをできるから。

学校でのことや習い事のことを聞いていると、

ふと悩みを打ち明けてくれたりする。

学校の友達にこんなことを言われたんだ。

友達にこんなことをされたんだ。

どうすればいい?

と質問される。

小学一年生の父として、

嫌なことをされたら止めてと言いなさい、

それでも止めてくれなかったら先生に相談しなさい、

と答えようと思うのだけれど、

逆に本当はどうしたいのと質問すると、

友達とただ仲良くしたいだけなんだと言う。

友達とただ仲良く遊びたいのだと。

僕はいつもその純粋な気持ちに感動する。

君はそのままで素晴らしい存在だ。

だから、

「そうか。じゃあその気持ちを素直に伝えてごらん。僕は君と仲良くしたいって伝えてごらん」

それでうまくいくかは僕にもわからないけど、

そうやって人と関わって成長していくのだろう。

ゆっくり乗り越えていけばいい。

人との関わりはこれからもずっと続いていくのだから。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人