「愛しさと せつなさと 心強さと 2023」篠原涼子 with t.komuro

  • ブックマーク
  • Feedly

リメイクやカバーはオリジナルに思い入れがるあるほど、残念な思いをする。

その点、今回のセルフカバーは、そんな心配は無用だ。

オリジナルの「恋しさと せつなさと 心強さと」は1994年にリリースされた。

劇場アニメ「ストリートファイターII MOVIE」の挿入歌となっていて、ドラムのフィルインからのサビ始まりがとても印象的な楽曲だ。

小室プロデュース作品の中でも特にお気に入りの曲の一つとなった。

2023verはオリジナルの良さを残しつつ、よりブラッシュアップされた印象である。

オリジナルで多用されているサンプリングボイスを外し、ギターを全面に出して迫力を出している。

また、リズムパートを差し替えて、特にベースの動きが楽曲全体にグルーヴ感を与えている。

これはオリジナルも同様なのだが、2コーラス目のサビをくり返さないため少し物足りなさを感じる。

しかし、サビ前にフィルインを挟んだことで、特別感が生まれ、それも軽減されたように感じた。

私にとっては懐メロだが、2023verはまるで新譜を聴いたかの様に感動した。

それと、
久々に小室さんの楽曲レビューができて嬉しい。

  • ブックマーク
  • Feedly