背徳の瞳~Eyes of Venus~V2

  • ブックマーク
  • Feedly

幻想的なピアノから始まるこの曲は、

小室哲哉とYOSHIKIによるユニットV2の

背徳の瞳~Eyes of Venus~

1992年にリリースされたシングルである。


この曲は衝撃だった。

二人が演奏するアコースティックピアノの序章。

そこから一転、

小室さんのバリバリのシンセサウンドに、

YOSHIKIによる激しい生ドラム。

そして、小室さんのあの歌!

その違和感ともいえる組み合わせが、

全体に緊張感を与え、

唯一無二の曲となっている。

メロディ自体は、

オンビートで非常に親しみやすく、

二人のらしさが出ている。

どちらが、どの部分を作曲したのか、

想像してみるのも楽しい。

当時は、

小室さんとYOSHIKIが生ピアノを弾いた後、

シンセブースとドラムセットに向かって、

お互い走っていく姿が、とてもかっこいいと思っていた。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人