I WANT YOU BACK:小室哲哉

  • ブックマーク
  • Feedly

今回のTK名曲レビューは小室哲哉のアルバム「Digitalian is eating breakfast」から「I WANT YOU BACK」1989年12月9日リリース。

「Digitalian is eating breakfast」とは

小室哲哉がシンクラヴィアを駆使して作った1989年12月9日リリースのソロアルバム。

当時小室哲哉が活動の母体としていた、TM NETWORKのサウンドに比べて、シンセを全面に押し出し、メロディもシンプルで親しみやすい曲が揃っているため、TMファンからの評価も高く、長く愛されてきた名盤である。

「I WANT YOU BACK」とは

アルバムの曲で、シングルカットもされていないがファンからの人気が高い1曲。

イントロの小室進行からして、すぐに小室哲哉だとわかるシンプルでキャッチーな曲。

とくにサビのメロディは、ほぼドレミの3音のみで作られているにも関わらず、歌詞が乗ると全く飽きさせない。

サビがシンプルな分、サビ前のBメロでの場面転換が非常に印象的で、オリエンタルで煌びやかな世界を演出している。

ダンサブルなシーケンスフレーズがとても気持ちのよい曲で、小室プロデュース時代にアイドルに歌わせていれば間違いなくヒットしていただろう。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人