『人もお金も動きだす! 都合のいい読書術』神田昌典(著)

  • ブックマーク
  • Feedly

誰もが情報を発信できる時代

情報自体は、もはや価値をほとんど生み出さない。

神田さんは、

問題や課題の解決に向けて自らの才能を活かす力が、

価値を生むと言っている。

何のために本を読むのだろう?

ただの暇つぶしではないはず。

大切な時間を使うのだから、

才能を伸ばすための読書をしたい。

知識創造型読書の三つのシンプルな原則

1 目的志向型の読書をする
2 複数の人と共に読む
3 即、行動に結びつける

僕は自己啓発系のビジネス書を

一人で大量に読んできたが、

行動に結びつけていないから、

どんどん忘れていく。

それではあまりにもったいない。

これからは、

世の中の本質とは何か

を学ぶ読書で実践したい。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人