「一流の人は、本のどこに線を引いているのか」土井英司(著)

  • ブックマーク
  • Feedly

原因を作り出す作業こそが、人間の価値である。

「原因」とは、つまり「センターピン」のことだ。

絶対外してはいけないセンターピンが何かを知らないと、成功はないのだ。

勝者は、ちがいをつくりだす。

読書とは他者との「ちがい」をつくりだす作業だ。

天才たちのさまざまなエピソードを通じて学べる唯一の結論は、それをやっている時間が長いということ。

何事も「ずっとやってるヤツ」がうまくなる。成功の鍵を握るのは「才能」ではなく「練習」である。

「一流の人は、本のどこに線を引いているのか」土井英司(著)より引用

結局は大量行動なんですよね。

うまくなりたければ、自分の苦手を克服するために練習して、センターピンを倒すために大量行動する。

たぶん皆がわかっていること。

でも当たり前のことが難しかったりする。

僕たち社会人は、目の前のやるべきことで日々を埋め尽くされそうになるから。

だからこそ、朝の一人の時間を大切に使う。

圧倒的に量で負けているからこそ、

集中力で勝負する。

そして、

継続することで勝負しよう。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人