『英雄の書』黒川伊保子(著)

  • ブックマーク
  • Feedly

「英雄の書」黒川伊保子(著)

2010年、チリで起きた落盤事故を覚えているだろうか。

33人の作業員が地下600mに69日間も閉じ込められ、全員が生還した。奇跡のような出来事だった。

33人は、11人ごとに3グループに分けられたそうだ。グループは3つの仕事を交代で順繰りにこなしていった。

「休憩(睡眠)」
「活動(身体を動かしたり、食べたりする)」
「見守り(他者を見守り、変化があれば声をかけ、話をいてやる)」

この3つ目の「見守り」が秀逸だった、危機管理の専門家は言う。

人は、自分の不安と向き合うと耐えられない事態でも、他者を案じていれば強くなれる。免疫力が上がる。

大切な誰かを守ること。それ以上の使命感はない。

僕にもトラブルはある。

もちろん生死に関わるものではないのだけど。

それなりにトラブルは訪れる。

それはたいがい突然訪れる。

でも起きてしまった現実は事実だ。

誰かのせいにしたところで現実は変わらないし、

起きてしまったことは正しいと思うしかない。

そんな時、

僕はいったい誰を守りたかったのかと問うてみる。

僕にもありがたいことに守りたい人はいた。

幸せに満ちた人生を歩んでほしいと心から思っている。

それじゃ僕にできることはなんだろう。

少なくとも、

仏頂面をして、

落ち込んでいる場合ではない。

ましてや自暴自棄になるのもナンセンスだ。

でもね、

大切な誰かを守るのだと、

思い始めてみると、

視界が開けてくる感覚になるからほんと不思議だ。

さあ姿勢を正して、

笑顔で前に進もうじゃないか。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人