『天と地と〜HEVEN AND EARTH〜』TK名曲レビュー

  • ブックマーク
  • Feedly

天と地と〜HEVEN AND EARTH〜(作詞・作曲・編曲小室哲哉)
小室哲哉が1990年にリリースしたシングル。

角川映画『天と地と』のイメージソングになっている。

小室さんが映画のサウンドトラックを担当していたので、もちろん映画は観に行っている。

僕は小室さんの歌声は好きなのだが、

独特のあの歌声が、映画のスクリーンに響きわたるのを、ファンとして本気で心配していた思い出があり、なんだか笑ってしまう。

メロディは、ほぼペンタトニックスケールで書かれ、オリエンタルな雰囲気が素晴らしい。

歌詞は時の重みと儚さを感じさせ、特に出だしのフレーズが好きだった。

「永遠に流れる河を流れゆく水の音は、
幾千の月日超え 響く 耳元に……」

この曲のオリジナルバージョンにはある大サビが、MOVIE MIXでは大胆にカットされている。

僕はこのバージョンの方が、より世界観を表しているように感じるので、とても好きだ。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人