電車にMacBookを置き忘れるというスリル

  • ブックマーク
  • Feedly

やってしまった。

いつかやるなとは思っていたが、

ホントにやってしまうとは。

大切なMacBookを電車の網棚に置き忘れてしまった。

電車を降りて、気づいた時のあの絶望感。

頭の中がホントに真っ白になった。

駅員さんに駆け寄って、

パソコンを置き忘れたことを伝える。

ホントにスゴイ顔をしていたと思う。

泣きそうだったから。

駅員さんがすぐに連絡を取ってくれ、

終点の駅で確認をとってくれるという。

10分ほど待っていると、

電話のベルがなる。

「ありましたよ。取りに行かれますか?」

そりゃ行きますよ。

どこへでも行きますとも。

取りに向かう電車の中で、

これはブログのネタになるぞと思ったが、

もし見つからなかったら、

しゃれにならないわけで、

これは対策をしなければならない。

とりあえず、

網棚には絶対置かないことを誓った。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人