好ましい状態を大切にする

  • ブックマーク
  • Feedly

組織で働いていると、
自分の意に反する命令をされることもある。

大抵従わなければならないし、
やりきれない気持ちになる。

職場でどうしようもない怒りがこみあげてきた時のちょっとした考え方。

僕もこれをメンターから教わってから、少しは楽になった。

怒りで前に進むのは苦しいが、
それを前へ進むエネルギーに変えることができるのだ。

期待と反することがおきて、

「◯◯じゃなきゃ、絶対に嫌だ」

と思うことがあったとする。

そんな時は、

「◯◯だったら、好ましかったな」

と、言い換えてみる。

たったそれだけのこと。

職場では意にそぐわない仕事をさせられることも日常茶飯事。

僕も上司から無理やり雑用を押し付けられたりして我慢ならない時がある。

かといって怒ったりへそを曲げていても始まらない。

結局命令に従わざるを得ないし、

気分よく仕事がしたいのだ。

自分の期待と違った時に、

絶対にこうじゃなきゃ嫌だと思ってしまうと、

怒りにつながってしまい、

前に進むのが苦しくなる。

ところが、

「◯◯だったら、好ましかったな」と思い直すと、

好ましい状態を大切にすると、

ポジティブなエネルギーへと変えていくことができるのだ。

シンプルでパワフルな考え方。

期待を裏切られたり、

我慢ならないことが起きた時は、

ぜひ思いだして欲しい。

今日のBGM

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人