〇〇する時間がないの本質とは

  • ブックマーク
  • Feedly

僕らがよく口にする言葉

本を読む時間がない。

勉強をする時間がない。

〇〇する時間がない

だって本当に時間がないのだもの。

そう思っていた。

でもその言葉の裏に隠されているものがあった。

〇〇する時間がないの本質

「本を読む時間がない」は、

「本を読むことより、他のことをする方がいいです」

と言っているにすぎない。

本を読むことより、

スマホを見たいし、ダラダラと過ごしたい。

と告白しているのだ。

僕はこれを知ったとき衝撃を受けた。

要するに時間がないと言う言葉は存在しないということだから。

そうか、
僕は本を読む時間がないのではなくて、本を読むことよりも優先させていることがあるのだ。

それ以来僕は時間がないと言わなくなった。

いいそうになった時は、

自分が時間をコントロールできなくなってきているサインだと思っている。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人