ダサいメロを書き続ける

  • ブックマーク
  • Feedly

何十冊も出版している作家がこう答えている。

「成功の秘訣は、くだらない単語を来る日も来る日も書き続けただけだ」

少し驚いた。

くだらない単語を書き続けても意味がないと思っていたから。

いったいどれだけ書き続けたのだろう。

3ヶ月。

それとも一年以上か。

音楽でも同じことがいえるだろうか。

最初からよいメロディを作ることはできない。

ダサいメロディを出し切った先に、

メロディと本気で向き合った先に、

それはあるのだろう。

そして、

僕の場合は、

絶対的に作る量がたりないのだろう。

今日ダサいメロディを作った。

明日もダサいメロディを作ってしまうのだろう。

だからどうということでもない。

もうあきらめない。

書き続けることができるのは幸せだから。

ダサいメロディなんて出し尽くしてしまえばいい。

そう考えはじめると、

はなから失敗なんてないのだと思えてくる。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人