映画「ダイナー」

  • ブックマーク
  • Feedly

藤原竜也主演というだけでワクワクする。

どんなキャラクターを演じてくれるのか、いつも楽しみにしている。

映画「ダイナー」

殺し屋専用のダイナーのシェフ“ボンネロ”

俺はーここのー王だっ!
砂糖の粒までが俺に従う。
従うか、
死ぬかだ!

ボンネロの口調は、
まるで演劇のワンシーンだが、
これで完全に藤原竜也の世界に引きこもれた。

殺し屋達が皆自己紹介したり、
演劇的な演出なのに違和感がないし、
むしろ新鮮で楽しい。

出てくる人が、
全員殺し屋というのも面白いし、
トリガーが発動していつ豹変するのか、
緊張感がたまらない。

料理が本当に美味しそうだし、
アクションはスタイリッシュだし、
ドボルザークの音楽を散りばめているのもよかった。

すべてから逃げてきたオオバカナコが、
狂っている殺し屋達に出会ったことで人生が変わり、
やっと自分と向き合うことができた。

自分の居場所を見つけることができたのだ。

誰のためにつくるのか
それだけを考えろ。

きちんと自分と向き合え。
お前が逃げてきたものは、
逃げれば逃げるほど追ってくる。

ボンネロのセリフが心に残った。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人