不登校で困るのは誰か

  • ブックマーク
  • Feedly

夏休みが終わり小学校が始まった。

うちの子は行きたくないと泣いていた。

母に連れられて学校の前まで行くも、嫌だと嫌だとずっと泣いていたらしい。

周りの者は、今から不登校なんて困るとすぐにいう。

一体だれが困るというのか。

きっと親の体裁が悪くて困るのだろう。

周りの子はみんな学校に行ってるのに、なんでうちの子だけ行かないのかとかそんなところだ。

嫌だと思う気持ちをないがしろにしてはいけないと思う。

別に怠けたいわけではないのだ。

見ている方向が、不安なのだ、恐いのだ。

見ているところさえ変えてあげれば、良いところ、楽しいところにも気づいてもらえる。

ただ無理やり行かせて何になるのか。ただただ親が安心したいだけで、子どもに寄り添っていない。

そうやって子どもの輝く才能を消していく。

下校時には笑って帰ってきたらしい。

だから今日は街の小さな本屋さんで絵本を買って帰った。

寝る前に子どもと一緒に読んだ。
それはとても素敵な絵本だった。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人