映画「マチネの終わりに」

  • ブックマーク
  • Feedly

映画「マチネの終わりに」

クラシックギターはなぜあんなに悲しくて切ない音色を奏でられるのだろう。

最初の福山さんの演奏シーンから涙がでました。

パリやニューヨークの街並み、コンサートホールが美しく、落ち着いた大人の恋愛と上質な音楽を味えた時間でした。

ずいぶんと前に観た「冷静と情熱の間」を思い出しましたね。

人は出会ってしまうから。

出会ってしまったら、もうその前には戻れない。

エンドロールの後、

涙がそっとこぼれて、

ずっと浸っていられるような、

すごく余韻が心地よい。

ミュージシャンである福山雅治さんのギターの演奏シーンはカッコいいし、奏でられる音楽も素晴らしい。

そして、

石田ゆり子さんの眼差しが美しい。

悩んだり、泣いたり、笑ったり、

それでいて決して感情的にならず、

懸命にすべてを受け入れるようとする。

その生き方にとても共感しました。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人