映画「YESTERDAY,everyone knew THE BEATLES.」

  • ブックマーク
  • Feedly

ビートルズが世の中に存在していない。
知っているのはシンガーソングライターのジャックだけ。

何とも興味深いテーマの映画。

いくらビートルズを知っているのが自分1人だとしても、他人の曲を自分の曲として発表する気持ちはどんなものだろうと思って観ていました。

どんなに名曲だと感動されても、
どんなに天才だと称賛されても、
結局は虚しくなるだけではないのか。

それより、
やっぱりお金と名声が得られれば幸せなのか。

この映画がいいなと思ったところは、
いわゆる盗作にスポットを当てるのではなく、
主人公がビートルズの歌でスターの階段を登っていくなかで、
本当に大切なものは何かに気づく物語なところでした。

これが、ビートルズを盗作していることがばれて、
絶頂から転落していくというサスペンスだったら、
ドキドキして観ていられなかったかもしれません。

とにかく主人公のジャックは
正直者で素直で、
周りから愛されるキャラクター。

周りの仲間にもとても恵まれています。

僕はそこが羨ましく思いましたけどね。

最初から最高に素敵なものを持ってるじゃないか!

とはいえ、
ビートルズの歌を、
記憶だけを頼りにレコーディング していくのは凄いです。

記憶だけでアルバムまで作るのですから。
メロディはともかく、
歌詞やアレンジを細部まで完コピーしていなければ、再現できません。

僕が小室さんが存在していない世界で、
小室さんの曲を記憶だけで再現するようなもの。
楽曲をリスペクトしていなければ、なかなかできないことです。

ジャックのおかげで、
ビートルズの名曲が世界に広まり、
やはり受け入れられていくのですが、
どう決着をつけるかは、観てのお楽しみです。

ビートルズの名曲を初披露するシーンが、とにかく良かった!

主人公が「イエスタデイ」の弾き語りをして、仲間が涙を浮かべて、感動するシーン。

「レット・イット・ビー」を両親に初披露するけれど、邪魔がはいってなかなか歌わせてもらえないシーン。

「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」を即興で披露し、本人役で出ているエド・シーランが感動し完敗を認めるシーン。

僕もこんな名曲が初披露される瞬間に立ち会ってみたい。

もちろん自分もいつか名曲と呼ばれるものを披露したいと思いました。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人