子どもと過ごす日々

  • ブックマーク
  • Feedly

どうして子どもに怒ってしまうのだろう。

毎日怒られたらかわいそうだ。

子どもの寝顔を見ながら反省の毎日。

今日は芋ほり遠足。

バスに乗る前、

行きたくないと泣いていたらしい。

精一杯、頑張って生きているのだ。

一番に守ってあげたい。

一番に応援してあげたい。

これから起こるであろう困難を、

どうか乗り越えて生きていって欲しい。

 

ある詩を読んでとても感動した。

「もしあなたの眠りにつく姿をみるのが、
今日で最後だとわかっていたなら
わたしは毛布をかけ、
あなたの人生の幸せを心から祈っただろう。

もしあなたを見送るのが、
今日で最後だと分かっていたなら
わたしはあなたを呼び止め、抱きしめ、
どれだけ愛しているかを伝えだだろう」

ノーマ・コーネット・マレック
「最後だとわかっていたなら」より

子どもと過ごせる日々は永遠ではない。

子どもと過ごす1日1日が、

僕にとってかけがえのない日々。

時は残酷にも確実に過ぎていく。

あと何回子どもと一緒に寝ることができるかな。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人