創作の原動力

  • ブックマーク
  • Feedly

今日は月一の立花B塾。

強みを見つけるワークの一つに、

「好きなことは何か」があったので、

僕が好きなことは何か考えてみた。

音楽を聴くことが好き。

映画を観ることも好き。

ドラマを観ることも好き。

小説を読むことも好き。

今はやっていないが、ゲームも大好きだった。

そして音楽を作ることが好き。

人が作ったもの。

作った人は、

人に喜んでもらおう、

人に感動してもらおう、

人に楽しんでもらおうと思って、

作っているはずだ。

だから、

僕も作ってみたくなった。

僕も人に喜んでもらいたいと思った。

作曲を始めたのは高校生の時、

自分は天才だと思った。

だって、

誰にも教えてもらっていなかったから。

でも当たり前の話、

僕は天才でもなんでもない。

ただ、

小室さんに憧れて、

小室さんみたいになりたいと思って、

真似をして作っただけだった。

今でも覚えている。

初めて作曲したのは、

自動演奏付きの電子キーボードに、

小室さんの楽曲のコードを打ち込んで、

別のメロディをつけてみたのが最初。

あの時はそれだけで感動した。

音楽の創作の原動力となるのは、

音楽に感動して、

音楽に刺激を受けて、

僕もこんな音楽を作りたい!

と思うことなのかもしれない。

ふとそんなことを思った。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人