アリー/スター誕生は今年一番感動した映画だった

  • ブックマーク
  • Feedly

2018年も終わろうとしているなか

最高の映画に出会った。

間違いなく今年ナンバーワンの映画だ。

泣きすぎて、

疲れてしまって、

席からたてなかった。

なにより、

音楽に感動した。

アリーの魂の歌に感動した。

ジャックの愛の歌に感動した。

ボヘミアン・ラプソディも相当良かったが、

歌の力、

楽曲の力では、

断然アリーに感動した。

ララランドもかなり泣いたが、

レディガガの

本物のプロの

歌唱力に深く共感した。

ごめんなさい、予告だけで泣けてくる。

ラストの歌を聴きに

もう一度必ず観に行く。

 

僕も

ピアノを前にして、

声を張り上げて、

魂の叫びをメロディにしたい。

本当の思いは、

歌に込められ、

楽曲となって、

人々を感動させるのだろう。

 

今年は映画もこれで見納め。

新年はアリーで始めようかと

本気で思っている。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人