映画『人魚の眠る家』

  • ブックマーク
  • Feedly

篠原涼子さんはごっつええ感じから

ずっと応援している人。

涼子ファンとしては、

いい役者になったなあと感慨深い。

なんとも重いテーマだった。

自分の子に置き換えることさえはばかれる。

家族にとって悲劇としか言いようがない。

篠原涼子が、

愛と狂気の二面性を、

見事に演じきり、

観ているものを、

なんとも言えない感情に導いた。

僕も共に泣いた。

親はこどものためだったら

なんだってする覚悟がある。

だからこそ

こどもと過ごす日々、

何事もない日常を

愛おしく思える。

僕は東野圭吾さんのファンでもあるが、

東野さんの映画化作品のなかでも、

お気に入りの作品となった。

予告篇

公式HP

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人