将来の夢

  • ブックマーク
  • Feedly

「将来は何になりたいの?」

と僕が尋ねると、

「さっきょくかー」

と君は答える。

完全に僕の影響を受けているようだが、

ちょっと前までは、

湘南新宿ラインの運転手だったから、

あてにはならない。

それでも僕は、

「そうなんだ。僕もなりたいんだよ」

と言うと、

「それじゃ一緒になろうよ」

と嬉しそうに言ってくれる。

君が言うと、

本当になれるかもしれないと思えてくる。

君の未来は無限大。

でも、

僕の未来は限られている。

「音大に行くんだ」

とまで言っている。

だれが音大のこと教えたのだろう。

一体いくらお金がかかるのだろうか。

考えただけで恐ろしい。

君が大人になる頃、

世の中はどう変わっているのだろう。

AIの登場によって、

僕らがしてきた受験勉強、

暗記型、詰め込み型の勉強は意味をなさなくなる。

AIが最も得意とするところだから。

これからは、

より人らしさが求められる。

0から1を生み出す能力がより求められる。

その点、芸術は素晴らしいと思うよ。

君が望むのなら、何だってなれるから。

僕も最大限応援するよ。

だから、

僕も、

パパも、

もう少しだけ夢を追いかけてもいいかな。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人