こどもといる時に感じたい感情とは

  • ブックマーク
  • Feedly

人生の達人は感情の達人と言われる。

僕も感情については、

ことあるごとに学んできたつもりだったが、

ただのつもりだったようだ。

いまだにその場の感情に流されて、

トラップにはまっていることが多い。

妻もよく言っているが、

こどもに対して、

怒らないようにしたい、

イライラしないようにしたい。

それは僕も思う。

でも、

怒らないように我慢していたって、

結局我慢できなくなって爆発してしまう。

そもそも怒らないようにと、

怒りの感情を見てしまっているから、

難易度が高いのだ。

そんなことが続くと、

無力感につながりかねない。

そこで大切なのは、

どんな感情をいつも感じていたいか?

ということだった。

感情はガーデニングに例えられたりする。

感じていたい感情に栄養をやらなければ、

やがてその感情は枯れてしまうのだ。

こどもに対してだったら

まず感謝だ。

元気に成長してくれていることに感謝。

ぼくたちの子として生まれてきてくれたことに感謝。

そして、

愛情と思いやり。

ネガティブな感情をとかすと言われている。

愛おしいという気持ち、

助けてあげたい、

応援したいという気持ち。

感謝や愛情、思いやり。

この感情を感じながら、

こどもと接したいと思う。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人