『動きたくて眠れなくなる』池田貴将(著)

  • ブックマーク
  • Feedly

DTM鬼道場に取り組む日々です。

そんな中で、

どうしても苦しくやってしまう自分がいました。

苦しくやってしまうと、

なかなか行動できません。

先延ばししてしまうと、

期限に間に合わなくなり、

時間に追われるので、

また苦しくなるという悪循環。

僕は仕事でも、

このパターンでストレスを抱えることが多いです。

やらなきゃやらなきゃと思いながらも、

期限ギリギリまで放っておいて、

もう限界だ、

というところで全力で乗り切る。

そこで変な達成感を感じてしまう。

そんなことを続けてしまっています。

まさか、

DTM鬼道場でもこれをやってしまうとは……

そこで今回読んだ本は再読ですが、

池田貴将さんの『動きたくて眠れなくなる。』

「動かなきゃならなくて眠れなくなる」

状態の僕にとって、理想の状態なのです。

僕が今回取り入れたいアクションの一つは、

質問を変えることです。

「現実を見ていやな感情が生まれたら、それは現実がいやなのではない。自分が見ている景色がいやな気持ちを作っているだけなんだ。」

感情は質問が引き金になっていることが多いから、

もっといい景色になる質問をすればいいということなのですね。

僕の場合だったら、

「今日どうなったら幸せ?」

「小室哲哉だったらどんな風に課題に向き合う?」

質問で僕のテンションが上がれば、

それでいいのです。

それからもう一つ、

からだの使い方を変えることです。

道場には必ず型とか作法があったりします。

僕がDTM鬼道場に取り組んでいる時の姿勢は、

ずっと猫背でからだを丸めた状態でした。

長時間その状態でいたら、

肩こりや頭痛がしてきて集中できませんよね。

なので、

ストレッチをするとか

姿勢はスッと正して、

呼吸は深くして、

取り組んでみたいと思います。

意識の向け方とからだの使いかた、

基本的なことなのかもしれませんが、

僕にとっては重要だと思っています。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人