主体的に生きる

  • ブックマーク
  • Feedly

集団が苦手でした

こどものころ、

新聞に載っていた、

海水浴の写真。

海に訪れた人々の群れを見て、

気持ちが悪くなりました。

なんで急にこんなことを書くのかと言うと、

嫌なことは、

逃げるのではなく、

対策をすればいいと思ったからです。

満員電車が嫌なら、

多少遠回りでも、

比較的空いているルートを選べばいい。

嫌なことだと思っているだけでは、

現実は変わらない。

ましてや嫌だと思うことによって、

さらに苦しくなってしまう。

それだったら、

どうなっていたらよいのか、

得たい結果をだして、

対策をした方がいい。

それが主体的に生きることだと思うのです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人