今いるところから始めるしかない(40からのネクストチャレンジ)

  • ブックマーク
  • Feedly

時々ひどく落ち込むことがあります。
そんな時、いつも励まされる言葉があるのです。

それは、「今いるところから始めるしかない」という言葉。
僕は40歳になった時、初めて作曲家になろうと思いました。

それは本当に突然でした。
「あ、作曲家になろう」って思いついたのです。
学生の時、アマチュアバンドを組んでいました。
曲も作っていました。
でも作曲家になろうとは思いませんでした。
自信もなかったし、実力もなかったからです。
大学卒業後、何も考えず、当然のように就職してしまいました。
世の中や世間の流れに流されたのです。
そして、音楽を自然に辞めてしまいます。
それから約20年。
随分とまあ流れに流されたものです……。
我ながら呆れてしまいます。
何を今さら音楽なのでしょうか。
それならもっと若い時に目指せばよかったのにと思います。
独身時代なら自分の時間がもっとあったし、音楽に時間やエネルギーを費やすことができたはずです。
よくこんな会話をします。
「作曲家になろうと思ってるんです」
「へーそれは素敵ですね」
「いつから目指されているんですか」
「つい最近です……」
「……」
もう嫌だ。
いつもこんな感じなのです。
私から夢を聞かされた相手は困ったことでしょう。
この人は現状から逃げ出したいだけなのだと。
実を言うと、僕もそうなんじゃないかといつも疑っているのです。
本当に本当にやりたいことなの?って。
そんな僕は、この言葉にいつも励まされるのです。
「今いるところから始めるしかない」
そうなのです。
今いるところからスタートするしかないのです。
だから40歳からスタートしたって構わないのです。
ただ、作曲家になるという曖昧な願望から、
想像を膨らませて肉付けをしていく必要があるのです。
作曲家になってどんなことをしたいのでしょうか。
作曲家になってどんな未来にするつもりがあるのでしょうか。
たくさん想像できるようになっている頃、僕の願望はもっと具体的なものになり、僕の思考はもっと明確になっているでしょうか。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人