気合いと根性の世界(40からのネクストチャレンジ)

  • ブックマーク
  • Feedly

テンションやモチベーションに頼ることなく、ただただ自分に必要だと思うからやる。

忙しくても疲れていても、自分に必要だと思うからやる。それがルーティン。

気合いと根性でこなすのではなく、淡々と必要だからこなす。いわば意志力の世界。

かつてルーティンは単調でつまらないというイメージをもっていたけど、今は違う。逆にルーティンを作り上げるのが楽しみになる。

どんなことがあろうと、何があろうとも、ルーティンを淡々とこなしていく。

もちろんただやればいいわけではなくて、自分で基準を設定していく。

イチロー選手はランニングの歩幅までチェックして自分のコンディションに気を使っていた。

もう気合いと根性で乗りきる世界とさよならしよう。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人