4度と5度の呪文

  • ブックマーク
  • Feedly

プラミューアカデミーレポート

ミュージックプランツでの講義をレポートしていきます。
まずは今週あった音楽理論①の講義から!

Keyと調号について

呪文を覚えることで、Keyと調号の規則性がわかるようになります。

5度の呪文(P5)ファドソレラミシ
4度の呪文(P4)シミラレソドファ

限られた時間で何かを習得するには、学んだことを理解した上で、記憶してしまうことが重要ですよね。

5度の呪文は、♯のつく場所。

つまり♯が2個であれば、ファとドに♯がつきます。

3個であれば、ファとドとソですね。

Keyについても呪文からわかります。

♯が0個の場合がKey of Cです。

♯が2個であれば、ドから右へ2つ移ってレ、つまりKey of D。

♯が3個であれば、ドから右へ3つ移ってラ、つまりKey of Aです。

4度の呪文は、♭のつく場所になるだけで、規則性は同じです。

 

音楽理論も公式や呪文があると理解が早まります。

これで少しKeyへの苦手意識がなくなりました。

あとは呪文を唱えましょう!

NPO法人Music Planzはこちら

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人