『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』西野亮廣(著)

  • ブックマーク
  • Feedly

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』西野亮廣(著)

実力評価時代の到来

死ぬ気で努力をしているクリエイターが生き残り、努力をサボって、既存のルールに守ってもらって生きようとするクリエイターが死ぬ。

結論、やるしかない。

何があろうと、自分に時間を使うしかない。

指が変形するまでペンを握るしかない。

無料公開が常識となった今、実力が可視化されるようになった今、一番の広告は『作品のクオリティーを上げること』だ。

当たり前なのかもしれないが、

楽曲を売る以前に、

楽曲のクオリティが大切。

サラリーマンしながら作っているとか

全く関係がなくて、

結果である楽曲で判断されるということ。

結局のところ、

自分に残された時間を、

どれだけ未来のために使えるかが勝負なのかもしれない。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人