映画「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」

  • ブックマーク
  • Feedly

映画「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」

ストーリー

妻を亡くしミュージシャンを諦め、

レコードショップを営むシングルファーザーのフランク。

両親から音楽的才能を受け継いだ娘のサム。

フランクは娘の音楽的センスに、

もう一度自分の夢に重ね合わせるが、

娘には医者になるという夢があった。

We’ re Not a Band

とくにかくフランクとサムが作り出す音楽がいい。

爽やかで軽快なロックンロール。

特に親子のレコーディングのシーンがいい。

フランクはギターとベースとドラムを次々に演奏し、

サムはボーカルとパーカッションをレコーディング。

演奏できるって本当に羨ましい。

そして圧倒的なボーカルも。

それだけで作品になる。

親子それぞれの決断

二人にとってたびだちのうたになるのだとしても、

親子で作り上げたことに意味があった。

フランクがSpotifyにアップロードした二人の共作は、

New indie Mixにリストインする。

そりゃあ僕だって心が躍ってワクワクしてしまう。

娘はすごく現実的に見ているけど、

父親は夢見てしまうよね。

父親の気持ちを思うと、

すごく切なかった。

クライマックスのラストライブに、

僕はずっと泣きっぱなしだった。

「人生に悩んだ時に芸術は生まれる。」

音楽を愛する人、

特に音楽を作っている人に、

是非観て欲しい映画だ。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人