『仕事と人生が同時に上手くいく人の習慣』久米信行(著)

  • ブックマーク
  • Feedly

『仕事と人生が同時に上手くいく人の習慣』久米信行(著)

本文より引用
どんなに忙しくても、お金や能力に限りがあっても、『仕事×家族×自分』のバランスを取って人生をもっと楽しむことができる」

家ではいつも笑顔で、仕事は楽しいと伝える。
仕事がどんなに辛いことがあっても、帰宅して玄関のドアの前に立ったら、笑顔を浮かべて楽しそうに振る舞いましょう。
そして、仕事のグチではなく、「面白かったこと」を中心に話します。
これが、子供と同時に自分も成長できる「心のレッスン」になるのです。

職住分離の環境では、家族と一緒にいられる時間はどうしても短くなります。
そんな中で、絆を深めながら共に成長するためには、共通の趣味を持つことが大切です。

あらゆるコミュニケーションでも一番難しいのは家族間の対話かもしれません。
それでも、家族と向き合って波風を一緒に乗り切ることが、個人の成長にとっても、人生の豊かさにとっても、必要不可欠だと思えてなりません。

思えば、

私の父は家に帰ってくるといつも不機嫌でした。

家で笑顔や大笑いをしている姿を思い出すことができません。

夜遅くに泥酔して帰ってくると、

母に仕事の愚痴を怒鳴り散らしてばかり。

こどもながらに、

仕事は苦しいものだ、

社会に出ると大変なことが待ってるんだと

感じていました。

僕は父親として、

どうなのだろう。

家で不機嫌になってないか、

ちょっと不安になってきます。

こどもに学校でなにがあったか聞いてばかり、

自分から楽しかったこと、

面白かったことを、

こどもに話しているでしょうか。

そもそも仕事で楽しいことなんてないって

思っていたかもしれません。

刷り込まれた思い込みはやっかいですね。

こどもにはいつも挑戦しみなさい、

全力をだしてみなさい、

と声をかけていますが

僕は仕事で全力をだしているのでしょうか。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人