忘れられない先生

  • ブックマーク
  • Feedly

忘れられない先生がいる。

それは僕が通った塾のN先生。

先生は途中から入塾した僕のために、

マンツーマンで補講をしてくれた。

先生は算数の講師だった。

先生の教えた方がすごくうまいので、

僕はみるみる問題が解けるようになった。

解けるようになると、

算数が面白くなった。

先生もそんな僕をすごく褒めてくれた。

僕は算数が好きになった。

好きになると、

難しい問題に挑戦しようと思うし、

算数の成績はみるみる上がって、

それは得意になっていった。

N先生はとても明るい人だった。

僕が何らかの事情で長期に休んだ後、

先生のクラスに戻った時は、

僕を抱きかかえて、喜んでくれた。

僕は先生から人に大事にされる喜びを知った。

僕も価値がある存在なのだと思えた。

僕は先生のことが大好きだったし、

先生も僕のことをとても気にかけてくれた。

そんな先生とも突然の別れがきた。

とても評判のよい先生だったからか、

他の塾に引き抜かれてしまった。

それからの僕の成績は、

伸び悩むようになっていった。

結局、

第一志望の学校に行くことはできなかった。

小中高と色々な先生と出会ったけど、

N先生のことらが忘れられない。

中学、高校と、

勉強はそれ程好きにはなれなかった。

でも、

数学だけはずっと得意だった。

数学だけは好きだった。

N先生が算数を教えてくれたから。

N先生のおかげだった。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人