【レポート】MusicPlanzアカデミー メロディ構築術編第2回

  • ブックマーク
  • Feedly

今週のアカデミーは、メロディ構築術第2回

8beatと16beat、音楽の進行感について学びました。

音楽の進行感、Function(機能)について

トニックは楽曲感覚(明るいTonic=Ⅰ 暗いTonic=Ⅵ)であり、トニック感覚が欠如していると、メロディとコードの進行感がちぐはぐになってしまうことが多い。

進行感というのは、主にコード進行から生まれるものだが、メロディそのものから進行感が生まれる場合もある。

よって、進行感をもたせないメロディを作ることが大切!

そうすることで、コードにバリエーションをもたせることもできる。

メロディそのものにストーリーを出さない方法とは

ⅣとⅦ(ファとシ)の音を使わない。

つまりⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅴ、Ⅵ(ド、レ、ミ、ソ、ラ)

スコティッシュスケールでメロディを作る!

メロディを複雑にしない。

メロディをシンプルにし、コードにバリエーションをもたせると良い。

とくに、ドレミだけで曲を作る!

このような視点は意識しないともてないと思います。

良いメロディを作ろうと意気込むほど、動きのあるメロディを作りがちです。

また、今まで好んで聴いてきた曲の影響なのか、口ずさむメロディはストーリーのメロディが多い気がしています。それが良い悪いではありませんが、こういう視点がないと気づけないことですね。

NPO法人Music Planzはこちらです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人